この記事は「5か月」前の投稿になります

これ何回もやるのか…真夜中プリズランで遊んでみた【つまらない?】

2018年7月18日(水)12:00 ~ 7月30日(月)23:59開催の真夜中プリズランで遊んでみました。まずは風の町アスランにいるウヅキに話しかけて簡単なルール説明。自分のパーティメンバーと一緒に遊ぶ相手を自動でマッチングしてくれる「自動で探す」と、相手パーティを指定できる「パーティーを選ぶ」を選ぶことができます。参加者8人が「逃走チーム」5人、それを捕まえる「追跡チーム」3人に自動的に割り振られます。

スタート直後は「逃走チーム」が自由に逃げ回ることができ、スタート20秒後には待機をしていた「追跡チーム」が追跡を開始できるようになります。「追跡チーム」が待機する場所は、「逃走チーム」のスタート地点付近を上から見渡すことができる。スタート地点にはプリズンロックが配置されていてプリズンキーを使用して捕獲された仲間を開放できるらしい?

逃走者は逃げ回ると言うよりも隠れていたほうがいいのかな。木の裏側にずっといました。赤く点滅したら「姿を消す」で逃げる。プリズンキーを無理に取りに行くより隠れていたほうがいいかな?

「ワープウィング」は中に入ると別の場所へ瞬時に移動することができます。「千里眼」は各チーム専用の「お助けボックス」から入手することができ、使用すると相手チームの居場所が一定時間自分チーム全員の地図に表示されます。

逃走者もプレイ。ひたすら探して捕まえる。これは逃走者よりも疲れるかも。姿を消していると捕獲できないらしい。「千里眼」で居場所がわかるが地図がごちゃごちゃしていてなれないと何が何やらわからない。

以下が報酬となるようですが、個人的にはこれずっとプレイするのはトラシュカよりも辛いなぁ。逃走者オンリーならやってもいいけど。夢のアクセサリー箱で妥協しようかな。

200 身代わりのコイン
200 身代わりのコイン
300 おふだのシール
400 夢のアクセサリー箱
400 赤の錬金石20こ券
700 ワラタローカプセル
1,500 金ワラタローカプセル

最新コメント

今日はこんな記事が人気です

これ何回もやるのか…真夜中プリズランで遊んでみた【つまらない?】” への6件のコメント

  1. 鬼ごっこやドロケイを見知らぬ人としかも無言縛りでプレイしてなぜ楽しいと思ったのか
    開発は同じ部屋でくちゃべりながらプレイしてるから楽しいかもしれんが
    ユーザー目線の欠如が酷すぎんだね
    まあトラシュカはそれなりに面白いし頑張って
    あれもドラクエでやる必要ないけどな

  2. スライムレースのようにキャラごとにステータスやスキルに違いがあればもう少し盛り上がったかもだな~

  3. 私は、トラシュカもキツかったです。こんなミニゲームしたくないと思いながらしました。レベル上げは、気にならないんですけどね。報酬は、別に欲しくない物なので、トラシュカも、これも、良い報酬なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※「ファイルを選択」から画像を選んで、コメントと一緒に画像を投稿できます。お気軽にどうぞ。上げてくれると喜びます。下ネタは禁止ですよ